自分で出来る範囲で効果的な脚痩せ


自分で出来る範囲で効果的な脚痩せブログ:180224


黒豆には
減量にとって
うれしい成分がたくさん含まれています。

まず、イソフラボン。
黒豆の胚芽部分に多く含まれている成分で、
女性ホルモンと同じような働きをします。
更年期の症状を緩和したり、高血圧や肥満などの生活習慣病を
防止する効果があるといわれています。

次に、サポニン。
動脈硬化の原因となる過酸化脂質の増加を防ぐ役割があります。
高脂血症を予防し、体質の脂肪の代謝を促すことで
肥満を防止する効果が期待できます。

そして、アントシアニン。
黒豆の黒さの色素(=ポリフェノールの一種)です。
脂肪の吸収を抑え、排出を促進させます。
また老化の原因である活性酸素を除去する働きで、
血液をサラサラにし、体質に脂肪をつきにくくする働きもあります。

さらに、
黒豆の食物繊維は胃に長く留まるため、
お腹の満足感を持続させ、食欲を抑制してくれます。
便秘解消やデトックス効果も期待できます。

このように、黒豆には
減量に向いている成分が豊富に含まれています。

なので、
「黒豆減量」を実践している人も
少なくありません。

黒豆減量は、
野菜と一緒に炒めたり、スープにして飲んだり…と
毎日の食べる事に
1日70gの乾燥黒豆を取り入れるだけの
お手軽減量法です。

他にも、
黒豆を酢漬けにしたり、黒豆茶として摂取したりと
さまざまな方法があります。

共通して言えることは
黒豆をただ摂取するだけではなく、
一緒に適度な体操をすることが大切なようです。

黒豆だけを食べていては
栄養が偏ってしまうので注意が必要ですが、
減量の手助けをしてくれる食べ物と言えますね。

1日に上手に黒豆を取り入れて、
減量を成功させましょう!

国分寺 賃貸はここへ
http://www.hanazawa.co.jp
国分寺 賃貸ならクリック

ゴミ箱
http://www.gomibako-ism.com/
ゴミ箱

小平つかさはこちら
http://nextjapan8.seesaa.net/article/418532223.html
小平つかさ

川元誠一は当サイトへ
http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/browse?type=author&value=%E5%B7%9D%E6%9C%AC%2C+%E8%AA%A0%E4%B8%80
川元誠一の情報